英語力はないけど話したい!

そんな夢を抱いている方も多いはずです。

しかし、今更何をどう勉強したらいいのか分からない・・なんて方も多いでしょう。

そんな方でも大丈夫!むしろそんな人にオススメの勉強法があるのです!

そもそも、英語力とはなんぞや?と、思うはずです。

簡単に説明すると、

Reading(読む)

Listening(聴く)

Speaking(話す)

Writing(書く)

・・上記4つをまとめたモノの事になります。

一般的に日本の中高で習う授業では、4つの中のReading(読む)とListening(聴く)の2つに重点を置いており、他の2つは専門的な専攻を行わない限りでは、なかなか触れる機会がないのです。

これが、日本人が外国語を話せない大きな原因になります。

頭では理解出来ているのに、それを声に出すという事が出来ないから『英語が苦手!』といった意識を植え付けてしまいます。

そして、教室という密室の中で間違いを恐れ発音するのが、恥ずかしい・カッコ悪い等といった気持ちに支配されてしまい、ますます英語から離れたくなります。

大事なのは、見て聴いて頭に入った事を間違っていても構わないから声に出してみる!

これが、外国語習得に1番必要になります。

1日30分の学習を続けるだけで語学力を上げるには、いくつかコツがあります。

いわゆる『反復練習』なのですが、まずは毎日続ける事です。

それもだらだらと毎日30分やるのではなく、しっかり集中してするのが重要です。

気分が乗らないのなら、その日は飛ばすのも良いですが、それ以上は空けないように日々続ける事が確実な成功への早道です。

英語力はないけど話したい方の中には、教材を読む・聴くだけしかしない方もいるかもしれません。

しかしそれだけではあまり意味が無いのです。

情報を脳に入れるのを『インプット』すると言いますが、大事なのは逆の『アウトプット』する事です。

アウトプットとは、教材等を見ながらそれを声に出して発音する事です。

日本人が外国語を習得するのが苦手な理由の1つに、この声を出して練習するのが苦手な民族性というのがあります。

しかし待って下さい。

教室に通い何人もの前で発音するのではなく、自宅で行うのですから1人なのですが、上達したいなら困った時はインターネットを使い、いつでも講師の方のアドバイスをいただけるものがおすすめです。

まずは、アウトプットして声を出す(発音する)事に慣れて下さい。

おうちホームステイ

それが簡単に出来且最も効果の高い語学の習得法です。

英語力がないのに話したい!と思い、学ぶ1歩を踏み出したもののなかなかうまくいかない時、気持ちが折れてしまうかもしれません。

しかし、今回のアウトプットを意識して目や耳から入ってきた情報を声に出し発音してみて下さい。

きっと、成功にぐんっと近づけます。

→スマホで簡単!おうちホームステイの詳細はこちら