英会話は中学生レベルの理解で話せるなんて嘘でしょ?

そう思っている人も多いはずです。

しかし実際は、13~15歳の頃に習う単語や文法の基礎さえきちんとマスターしてしまえば、日常的な会話をするのは可能なのです。
英会話は中学生レベルの理解力でも話すようになれるのか?
答えはイエスです。

何故なら、その頃に習う単語や文法などの基礎さえしっかりしていれば、海外へ行って現地の人と十分に話せます。

では何故、日本人は英語に対する苦手意識を持ってしまっているのでしょうか。
それは、学校の授業中にしか外国語に触れる機会が無いからなのです。

授業中は先生の指導の下カリキュラムが進んで行き、限られた時間しかなく質問もなかなかし難いので、分からないままで次の授業を迎えてしまいます。

そうなると負のスパイラルに陥ってしまい、どんどん英語を嫌いになってしまします。

ですので、今の時代は自宅学習での語学勉強が最も効率が良いのです。

教材やインターネットを使い、分からない箇所はそのままにせず動画を見て何度も確認が出来、しっかりと理解するまで繰り返し続けられます。
おうちホームステイ
また、動画を見ながら声に出し発音する事で、インプットな勉強だけでなくアウトプットな方法が自然と出来てしまうのです。

学校の授業ではなかなか反復練習は出来ませんが、自宅学習でするメリットの1つに、周りを気にせず基礎学習に取り組み続けられるのです。

英会話は中学生レベルの理解力で十分と言ったのに、何故多くの日本人は話せないのか。

それは授業を担当していた先生との相性もあるでしょう。

先生も生徒も同じ人間です。

性格が合う合わないがあるのも仕方ないですよね。

「この先生とは合わないなー」なんて思ってしまうと、不思議とその授業が実に入りません。

だからといって外国語教室に通ったとしても、同じ理由で更に嫌になる可能性もゼロではないでしょう。

しかし、自宅学習では大丈夫です。

何故なら、自分のペースで納得いくまで基礎の部分から何度も出来るからです。

『教室』というくくりの中で勉強すると、どうしても次に次に・・と、進まなくてはいけないので、それがプレッシャーとなり、段々やる気も失せていきます。

周りや先生に気を使う事なく出来る自宅学習こそ、苦手意識も克服できて、大事な基礎の部分を覚えるのに1番向いているのですね。

英会話は中学生レベルの理解力でも話せるのか?

基礎さえきちんと覚えてしまえば、可能であると分かったはずです。

口で言うのは簡単な基礎の学習ですが、独学でやろうとしてもなかなかうまくいきません。

そんな時は自宅で学習をする人の為に作られた教材「英会話=英語を話せることを目的・メインのもの」を使い、1日30分程度で構わないので集中して勉強していきましょう。

→スマホで簡単!おうちホームステイの詳細はこちら