自宅で英会話をマスターしたい!おすすめ教材の選び方

学校でも仕事でも英語の必要性が囁かれている現代ですが、意欲とは裏腹に仕事・残業と忙しい毎日。
そんな中でも英語を身に着けたい人はたくさんいます。
今回は、そんなあなたにピッタリの「自宅で英会話をマスターするためのおすすめ教材の選び方」を伝授したいと思います。

自宅で英会話を習得するために3つのポイントを抑えるべし

●本当に続けられるか?

自宅で英会話を身につけるための教材って、たくさん出ています。こんなにたくさんあったら選べない!
と思えるほどあるのですが、実は中身を見てみると特徴が全然ちがったりします。

まず重きを置いてほしいのが「続けられるかどうか?」


おうちホームステイ
実際に教材を手に入れたはいいが、単語の暗記が大量で手に負えない。
テキストの量が膨大でやる気が起きない。
こんな状態では英会話の習得など不可能です。
ましてや社会人であれば暇なんてありません。

教材を選ぶときには、少しの空きた時間でも集中して学習できるものかどうか?に注意して見てみましょう。

●会話が出来る環境があるのか?

英会話・英語力をつける上で最も重要と言われているのが「会話」です。

どんなにテキストを読んでも、同じ時間会話をしてきた人には勝てません
会話をすることで英語の自然な使い方が身につくのと同時に、実用英語として習得することができます。
しかし英会話をする環境が作れない教材はどうか?
この場合、ほぼ実用英語は身につかないと思って下さい。
日本の英語教育がまさにこれで、教科書に乗っている単語をたくさん覚える。
文法を覚える。テストで良い点をとる。
必死にこれをやってきますが、いざアメリカ行って話せるかと聞かれれば、NOです。
会話力が身についていないので当然です。

上記の点から、英会話を習得する上で「会話をする環境があるか?」というのも一つの重要なポイントとしておさえておきましょう。

●英会話上達への最適なプロセスはあるか?

これは「英会話を身につける為の方法」として、しっかりと上達する理由が説明されているか?

ということです。
たとえば「聞き流すだけで~」というフレーズを聞いたことがあるかと思いますが、「本当に聞き流すだけなの?実はテキストがあるじゃないの?」と疑問に思った人もいるでしょう。
これです。

英会話習得までの道筋と根拠がしっかり示されているか?

ここが明確でないと安心して続けることができません。

英語教師と毎日トークできる

最新の技術を駆使して英語を習得できる

時間がなくても繰り返すことで身につく

など、適当にあげてみましたが、このような「目を引く」「納得できる」ポイントがあるかどうかをチェックしながら、教材を選ぶことをおすすめします。

→スマホで簡単!おうちホームステイの詳細はこちら