英会話が怖い、恥ずかしいというのは誰しも経験すること。

ここでは英会話が怖くて進まない。英会話の恥ずかしさがいや。という人の克服方法をお伝えします。

おうちホームステイ 怖い 恥ずかしい

英会話が怖い理由=それは英語が伝わるかわからないから。

これが国内の英会話レッスンやオンライン英会話ならそれほど問題ではないですが、現地へ言っての英会話だと怖さもひとしおです。

この怖いをどう克服するのか?

まず英会話レッスンやオンライン英会話の場合は、緊張感を取り除きましょう。

怖いと思ってしまうのは失敗したくないから。

失敗したくないのは、出来ない自分を見たくないから。

つまり、最初から「自分はできなくて当たり前。まずは経験だ」と割り切ってしまうのが一番はやいです。

実際そうなんですから、へたに気張る必要はありません。

自然体で臨みましょう。

次にアメリカなど現地についての英会話ですが、これは慣れるまで緊張の連続です。

英会話が怖いと本気で感じるのはこのタイミングかもしれません。

ですが、実は何も心配しなくて大丈夫なんです。

ネイティブだってこちらが真剣に伝えようとしていれが、しっかり聞こうとしてくれます。

一度で分からなくても必死に伝えることが大切なんです。

真摯な気持ちで「伝えたい」と思えば、本当に聞いてくれます。

ボディランゲージを使うのも有効です。

日本ではあまり大げさに使うひとがいないボディランゲージですが、海外へ行くと日常的に繰り広げられています。

ビックリしたときに「ワァオ!」と両手を上げたりしてますよね。

日本であのリアクションを取れるのは芸人さんぐらいですが、海外では普通です。

英会話といっても現地の人からすれば日常ですから、むやみに怖がる必要はないのです。

英会話が恥ずかしい!どうしたら?

次に英会話が恥ずかしい人ですが、これを克服するのは簡単。

「みんな恥ずかしいと知る」

これです。あなたと同じく他のみんなも恥ずかしいし緊張しています。

オンライン英会話や英会話教室でもそうですが、海外でネイティブと喋るときは特に恥ずかしいもの。

オンライン英会話の先生だってネイティブと話すときは緊張する人もいるそうですよ。

そして英会話が恥ずかしいを克服する2つ目の手段は、「誰も気にしてないと知る」

あなたが思っているほどあなたは注目されていません。

こんな言い方をすると失礼かもしれませんが、

あなたは英語を話してる人を見て「バカにしたこと」ってありますか?

例えば海外の人に道をたずねられて、なんとか伝えてあげようとしている人を見てどう思います?
僕は「スゴイな~」って思うんです。

英語が片言であっても「ちゃんと伝えてあげよう」という姿勢に感銘を受けます。

これがオンライン英会話・英会話教室でも同じことです。

英語を話そうとする自分は恥ずかしい。

でも、英語を話そうと頑張っている人を見るとき、そんな感情はありません。

だから精一杯やってみればいいんです。

英会話が出来るように、話せるように、頑張っている人はカッコイイものですよ。

→おうちホームステイ!上達の秘密を無料でゲット