短時間で英語を効率よく勉強するには「習慣づける」というのがポイント。
人間の思考はとってもブレがちです。
なので短時間=限らられた時間で英語を勉強するには習慣化のチカラが必要になります。

これから短時間で出来る勉強法をお伝えしますので、これを習慣にする努力をしてみて下さい。

1度習慣になってしまえば、脳がストレスを感じることも少なくなります。
精神的に抵抗を感じなくなると短時間であっても効率よく勉強が出来るので試してみて下さい。

短時間で英語を効率よく勉強できる方法

●音楽を聴く(洋楽)

おうちホームステイ

音楽を聞くことは英語の勉強とはさほど関係ないように思えますがこれは大間違い。

洋楽には普段遣いされる英会話や英文がたくさん使われています。

教科書やテキストに出てくる形式ばった文章ではなく、ネイティブが自然につかっている英会話なので、よりリアルな英文に触れることができるのです。

またサビのフレーズなどは耳に残りやすく、知らず知らずのうちによく使う言い回しを覚えていた!なんてこともよくあります。
せっかくなので音楽のチカラも借りちゃいましょう。

●英語の本を読む

これも短時間で出来る勉強法です。
もちろん1冊まるごと読むわけじゃありません。
空いた短時間で英文に触れるという意味ですね。
1話あたり5分10分で読み切れるものがベターです。
短編もので興味のある内容を選ぶのが習慣化のカギになります。

●ポッドキャストでネイティブの話を聴く

電車や公共施設ではとくにオススメなこの方法。

本を広げたり読み書きするスペースが無いときにもリスニング力を高めることができます。
ポッドキャストには音楽からビジネスネタまでいろいろなジャンルの放送が揃っています。
ここでリアルな英会話を聴き込むことで、英語耳を育てることも可能なのです。

●頭の中で単語を話す

短期間で英語を覚える勉強法として最も有効なのが会話=発音です。
会話が出来れば達成感も多くモチベーションにもなりますが、これが出来る場所は限られますね。
そんな時におすすめなのが頭の中で英語を話すこと。
具体的には、見ている景色や人・その場にいる人達の会話などを英語に置き換えてみるのです。
実際に喋るわけじゃないですが、あらゆるものを頭の中で英語に置き換えることで、英語力も英会話力も向上させることができます。

●英単語の反復練習

英単語は語彙力に直結する大切なポイントですが、記憶として定着するのが難しい部分でもあります。
これはとにかく反復して覚えるのが最短距離。
前日に練習した単語を、寝る前の5分で復習する習慣をつけることでより多くの単語を効率よく覚えることができます。
これと同じように、「寝る前には必ず英単語を復習する」という習慣がついてしまえば自然と単語帳を取り出せます。

まずは英語の勉強を生活習慣に取り入れるところから始めると、比較的ストレスなく英語の勉強ができるようになる。
これが短時間でかつ効率的にスキルアップできる勉強法なのです。

→スマホで簡単!おうちホームステイの詳細はこちら